ファーレ倶楽部

ファーレ倶楽部のホームページへようこそ!
私たちはパブリックアートの案内や作品の清掃作業を行っているボランティアグループです。
無理なく楽しく「できる範囲の」参加で和気あいあいと活動をしています。
★会員とサポーターを随時募集中です!!!

INFORMATION

  • 2018.04.23 6月21日「夏至の日のアートツアー」を開催します。申込み不要、もちろん無料です!
  • 2018.03.14 4月11日開催「アート&ピクニックツアー」参加募集!詳しくは下欄の記事をごらんください!
  • 2018.01.22 今年も恒例の「ぴかぴかアートプログラム」を行います。3月実施内容のお知らせはまもなく公開します。どうぞお楽しみに!
  • 2018.01.03 新年あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • 2017.09.21 10月13日「ファーレ立川オープン記念ツアー」を行いました!多数のご参加ありがとうございました!
  • 2017.09.17 アートマップを更新しました。 作品リストと共にご活用ください!
  • 2017.09.17 作品リストのページが完成しました!各作品の説明は番号順にグループにまとめてあります。どうぞご覧ください!
  • 2017.07.16 ファーレ倶楽部のホームページが新しくなりました! どうぞよろしくお願いいたします!

夏至の日の正午になると、、、何かが起きる!

ファーレアートの中には、何らかの仕掛けを施してある作品がいくつか存在します。
今回のツアーではその中の1つに、夏至の日の正午になると起きる現象をご紹介します。

〜〜〜夏至の日のアートツアー 〜〜〜
2018年 6月21日 水曜日

11:10〜12:10
※ 11:00に、高島屋北側の赤い植木鉢に集合です

雨天でも実施
事前申込み不要
参加費無料

詳細お知らせチラシはこちらでご覧になれます。

PDFファイルを表示

最近の活動報告です!

だいぶ間が空きまして、すみません。。。
先日参加募集をしていた4月11日の 「アート&ピクニック」ツアーは、めまぐるしく変わる天候の中を、果敢にも行って参りました!
前半アートツアーの途中ではパラパラ雨に見舞われたり、後半ピクニックでは強風というより「暴風」の中で枝垂れ桜を賞でながらお弁当をひろげたり、なかなかスリリングで楽しいツアーでした。
(いえいえ、負け惜しみではありません。。。) 
今回は初めての企画でしたが、いろいろ工夫しながらこれからも定期的に行って行く予定です。

そして、いよいよアートツアーのシーズン到来!
5月からは小学生の鑑賞教室が始まったり、 美術大学の学生さんや海外からのお客様向けなど、バラエティに富んだツアーが目白押しです。
個人のツアー申込みも随時お受けしていますので、このページのお問い合わせフォームからご連絡ください!
1名様でもOKですよ! 
「アート&ピクニック」 アートツアーの様子
「アート&ピクニック」 桜の下でお弁当Time
小学校鑑賞教室の様子
海外からのお客様が増えてきました!

4月11日「アート&ピクニック」ツアー参加者募集中!

ことのほか寒さの厳しかった冬も、ようやく終息しましたね。
ファーレ倶楽部では新企画として、春のツアーを 実施します。

ファーレアートを堪能したら、そのまま昭和記念公園までピクニックに出かけよう!という欲張りな企画です。
タイミングが合えば桜の見頃になっているかもしれないですね。
スケジュールは下記のようになっていますが、途中までの参加もOKです!

◯9:50くらいに、高島屋北側の赤い植木鉢周辺に集合!
10:00〜11:00 ファーレ立川アートツアー
〜〜〜昼食調達&移動タイム〜〜〜
各自昼食を調達して記念公園の集合場所まで移動していただきます。
※昼食代と公園の入園料は個人負担です(大人¥450、中学生まで無料)
11:30〜公園内ピクニック、昼食
◯昼食後は現地で自由解散

<雨天の場合>
アートツアーは予定通り実施します。
ピクニックについては原則中止とします。
(天候が回復してきたら、当日ご相談しましょう)

お申し込みは不要です。
歩きやすい靴で、直接集合場所の「赤い植木鉢」へお越しください。
ピクニックシートや雨具などのご用意は各自のご判断にお任せします。
集合場所の「赤い植木鉢」
この人たちも近くにいます
お弁当広げてお花見したいですね
昭和記念公園の美しい春景色

ぴかぴかアート、任務完了!

晴天に恵まれた3月4日(日)、ぴかぴかアートプログラムは無事完了しました!
当日は気温が上がって汗をかきながらの清掃作業となりましたが、大勢の方々が集まってくださったおかげで順調に進めることができました。

清掃後はゲスト講師の写真家、細淵太麻紀さんによる作品や活動についてのレクチャーと、カメラを持って「ファーレの神様」を探しに街へ飛び出すという楽しいワークショップで盛り上がりました。

最後に見せていただいた取り壊される前の米軍施設やハウスなどの写真ー廃墟となって放置されていた頃のこの街の姿ーは眼に心に焼き付いています。
水洗い、暖かい日でよかった…。
あれ?今日は人口密度高い。
細淵太麻紀さんのレクチャー
WSの作品「ファーレの女神たち」

3月4日(日)ワークショップの続報です!!

3月4日ぴかぴかアートプログラムの午後に実施するワークショップの詳細情報が、講師を勤めてくださる細淵太麻紀さんから届きました!

●写真ワークショップ「ファーレの神様を探せ!」
みなさんは街を歩くとき、何をみて歩いていますでしょうか?
道路でしょうか、人の顔でしょうか。
ファーレだったら、設置されている作品でしょうか。
ちかごろは、スマホやデジカメの普及で、写真はさらにみなさんの生活に身近なものになりました。
カメラを手にして街にでると、今まで見えてこなかったものが見えてきたり、見えていたものが違ったものにみえたりすることがあります。
今回は、みなさんがよく知っている「ファーレ立川」を撮影してまわります。
みんながまだみたことのない「ファーレの神様」が、どうしたら現れてくれるのか、カメラを片手に街を歩いてみましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<内容>
デジカメや携帯などを使って、街の中で写真をとります。
フィルムではなくデジタルで写真を撮れるものをご持参ください。グループで1台でもOKです。

<講師プロフィール>
細淵 太麻紀 (ほそぶち たまき)
多摩美術大学でグラフィックデザインと写真を学んだのち、PHスタジオにて、建築・美術の様々なプロジェクトに参加。

2004年からは横浜市の推進する歴史的建造物などを文化芸術に活用し都心部再生の起点とする創造都市構想のひとつ「BankART1929」の企画運営に携わる。個人としては写真などを通して表現活動をおこなう。
PHスタジオ 
美術家・写真家・建築家からなる日本人ユニット。

1984年、川俣正の初期のプロジェクトのアシスタントメンバーが独立、結成。
作品の範囲は家具・住宅・ランドスケープなどと多岐に亘るが、それぞれの作品製作を通じて「棲む」ことの意味を問い直している。
作品・プロジェクトとして、「ネガアーキテクチャープロジェクト」(1986-87)、「夏の虫の家」(1987)、「『えびす』猫の抜け道」(1994/1997)など。
現在は「灰塚アースワークプロジェクト」の一環として1994年から継続する「船をつくる話」プロジェクトなどを手掛ける。 



ぴかぴかアートプログラム、まだまだ参加者募集中です !
この下の記事をご覧ください。
↓ 
講師 : 細淵太麻紀(PHスタジオ・BankART1929)
ファーレ作品「ウォーターマーク(水標)」PHスタジオ

「ぴかぴかアートプログラム」参加者募集のお知らせ

「ぴかぴかアートプログラム」はファーレ立川のアート作品をきれいに清掃する年2回の恒例行事です。
今回は3月4日(日)に行います。
※雨天の場合、この日はワークショップのみ実施

清掃は3月11日(日)に延期します

<当日のスケジュール>
10:00 集合 立川市女性総合センター「アイム」5階作業室

10:30〜12:00 午前の清掃
ーーー昼食・休憩 ※お食事と飲み物はこちらでご用意しますーーー
13:00〜14:30 午後の清掃
15:00〜16:30 作品レクチャー&ワークショップ
講師 : BankART 細淵 太麻紀さん(PHスタジオ)

17:00〜18:00 同室にて細淵さんを囲んでの懇親会

★事前のお申し込みが必要です。
拡大判チラシで詳細ご確認のうえ、
FAXでお申し込みください。


PDFファイルを表示

新年あけましておめでとうございます!

昨年は創立20周年という大きな節目を迎えるとともに新たな試みも増えて、大忙しのファーレ倶楽部でしたが、皆さまの多大なご助力をいただきまして誠にありがとうございました。
今年もさらに前進あるのみ!
一人でも多くの方にファーレ立川のアートを知っていただけるよう、努力を重ねて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は「戌年(いぬどし)」ですね。
ファーレの街の可愛らしい年男?年女?をご紹介しましょう。

まずは大きな黒い犬の作品。
ブルガリアの作家、ゲオルギー・チャプカノフ作の「道祖神(立川の動物たちー犬)」です。
そして、依田久仁夫作品のベンチに腰掛けた女性に何やら語りかけているカラフルな犬の作品は、スペインの作家、エステル・アルバルダネの「タチカワの女たち」のうちの1点です。
この作家は犬が好きだったそうで、もう1点別の場所のタチカワの女も犬と一緒にいます。
それぞれの作品が街のどこにあるか、ぜひ探してみてくださいね!
★「アートマップ」と「作品リスト」の各ページをご活用ください! 
ゲオルギー・チャプカノフ・作「立川の動物たちー犬」
エステル・アルバルダネ 作「タチカワの女たち」

海外からの留学生ツアー 無事完了!

更新が遅くなり、年が明けてしまいましたが。。。
初めての留学生ツアーが2回に渡って行われ、いずれも大成功のうちに完了しました。
第1回目は、11月30日の「英語のみのガイドツアー」 
大勢の方が参加してくださり、アートツアーの後は「がんこ屋敷」での意見交換会、こちらも全て英語による進行で、お抹茶とミルクわらび餅が好評でした。

第2回目は、12月6日の「日本語のみのガイドツアー」
この回は日本語を学ぶ学生さんたちだったので、 すべて日本語で進行しました。
参加者が3名と少なかったので、じっくりとツアーも進み、タイから来日している学生さんのためにモンティエン・ブンマー作「石鐘の庭」を特別に見学させていただくこともできました。
意見交換会では茶道のお手前体験をさせていただきました。

いずれの回も、皆さんとても喜んでくださって本当によかったです。
私たちファーレ倶楽部会員にとっては、とても楽しく、そしてとても良い勉強をさせていただきました。
今後に向けてさらに検討を重ね、 よりよいツアーを提供していきたいと思います!
11/30 英語ツアー ヴィト・アコンチ作品
11/30 意見交換会にてお抹茶をたてていただく
12/6 日本語ツアーにてブンマー作品を見学
12/6 意見交換会にてお点前を体験

外国語のガイドを募集しています!

先日、ファーレ倶楽部では会員有志による「英語によるガイドツアー」の勉強会を行いました。
最近は海外からのお客様も増えてきて、外国語でのガイドの需要が高まりつつあります。

当会ではご都合に合わせて無理なく活動できます。
ガイドのノウハウや説明の内容は会員がサポートしますので、ご心配は要りません。
外国語のスキルを活かしたい方はぜひご連絡ください!

ファーレ立川オープン記念ツアーに多数のご参加ありがとうございました!

10月13日(金)冷たい雨が降りしきる中、30名以上の方にご参加いただきオープン記念ツアーを実施しました。
冬のような寒さにもめげず、皆さんしっかり全作品を見学してくださいまして、本当にありがとうございました。
今年はファーレ倶楽部創立20周年という大きな節目にあたります。
ファーレの作品たちがこれからも多くの方に愛され見守っていただけるよう、皆さまよろしくお願いいたします。

おかげさまでナイトツアーは盛況のうちに完了しました!

9月19日夜、さわやかな風が心地よい夕暮れにナイトツアーが無事に行われました。
パレスホテル「イル・ペペ」でのお食事会でも、美味しいお料理を味わいながらお話に花が咲き、この日初めて出会った方々も共に見学した夜のファーレアートの美しさに、しばし心を通わせることができたようです。 
参加された皆さま、関係各機関の皆さま、そして素敵なお料理とデザートをご用意くださったパレスホテルの皆さま、本当にありがとうございました!
輝くアート作品にしばしうっとり
かんぱ〜い!すてきな夜景でしたね

ぴかぴかアート 任務完了!

9月3日(日)さわやかな晴天の中、ぴかぴかアートプログラムは盛況のうちに行われました!
前半のアート清掃では予定していた48作品の清掃を行い、後半のワークショップでは彦坂尚嘉さんを講師に迎え、大人も子どもも「切断芸術」に真剣に取り組んでいました。

次回のぴかぴかアートプログラムは、2018年3月の予定です。
今回のように事前に参加募集を行いますので、しばらくお待ちください!

おかげさまで20周年!

おかげさまでファーレ倶楽部は、今年の5月で20周年を迎えました。
これもひとえに多くの皆様のお力添えの賜物と、深く感謝しております。
会員一同、これからも気持ちを新たに、各種活動に励んでまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 

主な活動内容

*アート見学ツアーの実施とガイド*
〜自主企画ツアー(会員の企画)〜
●オープン記念ツアー
ファーレ立川オープン記念日の10月13日に全作品を見学するツアー
●夏至の日ツアー
夏至の日に趣向を凝らしてある作品をメインに回るツアー
●ナイトツアー(または夕涼みツアー)
夜になると光が入って昼間とはちがう表情を見せる作品のツアー
〜外部の団体または個人から依頼されたツアー〜
市内小学生のアート鑑賞教室、大学生と先生のグループ、新聞の取材ツアー
など

*アート作品の清掃とワークショップ(年2回)*
全作品のうち約40点の清掃作業
清掃終了後に、ファーレゆかりの作家を招いてのワークショップを実施

*研修の実施*
ツアーガイドに必要な知識を身につける勉強会や、アートを幅広く学ぶ管外研修などの実施  
アート見学ツアーの様子
作品清掃「ぴかぴかアート」の様子
ワークショップの様子
2017年度管外研修「北アルプス国際芸術祭」

ファーレ立川(FARET TACHIKAWA)とは

JR立川駅北口から徒歩5分程度の、デパート、映画館、オフィスビルなどが立ち並ぶ街区に「ファーレ立川」というエリアがあります。
1994年、立川米軍基地跡地の再開発により誕生した5.9haのその街に、アートプランナー北川フラム氏のコンセプトのもと、世界36カ国92人のアーティストによる109点の作品が設置されました。

作品は一つ一つが車止めやビルの排気口カバーなど、都市の機能を担っていることが特徴で、この街はイタリア語の「FARE(創る、創造する 、生み出す)」に立川の頭文字「T」を付けて「FARET」と名付けられました。

会員とツアーサポーターについて

*会員*
会の活動全般に、都合の付く範囲で参加する人
入会時に年会費 ¥1,500 を会計に納める。

*ツアーサポーター*
始めにツアーガイドができるための準備をして
依頼があった時のみ、アートツアーに参加しガイドを務める。
会費の負担は無し

会員、サポーターともに日本語と外国語を話せる方、大歓迎です!
★★お問い合わせフォームからのご連絡お待ちしています!★★
 

CONTACT

★会員とツアーサポーターを随時募集しています!
〜〜ご連絡はお問い合わせフォームからどうぞ〜〜
PAGE
TOP